処理時の痛みと負担

よく脱毛は痛いといわれていますが、脱毛サロンとクリニックでは痛みの度合いに違いはあるのでしょうか。また、皮膚への負担はどちらが大きいのでしょうか。

カミソリを使うこれらのことに関してですが、クリニックのほうが痛みと肌への負担は大きくなることが多いです。理由はクリニックで使用されているマシンにあります。クリニックでのむだ毛処理で使用されている機器は高出力であるため、痛みや皮膚にかかる負担が大きいのです。ただし、そのぶん脱毛パワーが強力であるという魅力はありますし、麻酔の使用が可能なこと、万が一の皮膚の問題も病院ということですぐに対処することが可能です。

サロンでの脱毛はクリニックの機器と比較して出力が抑えられているぶん、痛みや皮膚への負担は軽いです。ただし無痛というわけではなく、VIOラインをはじめデリケートな部分は強い痛みを感じることがあります。また、万が一の皮膚のトラブル時には病院のようにすぐにその場で対処するようなことはできません。しかしながら、サロンによっては医療機関と提携していることがいまは少なくありません。もしも肌に何かしらのトラブルが発生した場合には、提携医療機関の紹介を受けることが可能であり、適切な治療を受けることが可能となっています。